高価買取必至!人気の高い日本の三大漆器の特徴を紹介

高価買取必至!人気の高い日本の三大漆器の特徴を紹介

木目を生かした山中漆器

山中漆器は縦木とよばれる木取り方法を採用し、美しい木目が現れるのが特徴です。漆を木地に刷り込んでいくことで木目が見える器に仕上がります。

複数のお店で査定すれば高額買取につながる可能性は高いです。木地挽物職人の技術が凝縮された山中漆器は不完全な状態であっても買取に対応しており、買取希望の場合はまず査定依頼をした方がよいでしょう。

想像よりもはるかに高額での買取になる可能性も高く、需要のある品物といえます。

美しい模様の会津漆器

会津塗は400年受け継がれる伝統の漆器であり、美しい模様が最大の特徴です。

模様の描き方はたくさんあり、多彩な塗りの技法があります。手で触ると材質に漆がなじんでいることが伝わり、口当たりがよくて汁物を飲む際に飲みやすさを感じるでしょう。

福岡市で漆器・蒔絵の買取に対応しているお店であれば、高額買取につながる可能性が高いです。鮮やかな模様で多くの方を魅了する品物であり、納得するだけの買取金額になるでしょう。

シンプルが魅力の紀州漆器(黒江塗り)

紀州漆器は全体的にシンプルであるのが特徴です。日常生活で使いやすい日用品として親しまれてきた歴史があります。

使用していくと朱と黒の文様ができて趣のある漆器となっていきます。革新的な漆器として発展し続けている紀州漆器は福岡市の買取に対応しているお店で高額買取がほぼ確実です。

伝統工芸品である紀州漆器は大量生産ができません。買取を希望される方にとって高額買取となる理由であり、査定依頼をしてみる価値があります。

紹介サイト一覧